発達障害の症状「感覚過敏」を持った人への支援方法を知りたい方へ

気遣いで仕事のしやすさがアップします!

 

 

発達障害の特性で
「感覚過敏」という症状があります。
それらの症状を理解してもらえる
環境であることが望ましいです。

 

 

決して「甘やかす」わけではありません。
こうした配慮をしてもらうことで
本人も自分の力を発揮しやすくなるのです。

 

ここでは、発達障害の特性である感覚過敏について説明します。

職場の配慮一つで、本人は仕事がし易くなるのです。

 

感覚過敏とは?

普通の人には何ともない事でも

感覚過敏の方にとっては、
とても嫌な事に感じてしまう
症状を指します。

 

 

例えば人に触れられるだけで
気分が悪くなってしまったり、
匂いに弱い人などがいます。

 

 

反対に感覚が鈍感な人もいて、
身体は疲れているのに
疲れていると感じない人もいます。

 

 

お腹がすいた、眠い、痛み等も
自分で気づく事ができず、
倒れて入院し、やっと気づくこともあります。

 

 

このような感覚過敏に、
職場でどのように配慮して良いか
まとめてみました。

 

どのように配慮したらよいか

聴覚過敏

聴覚過敏の人は

BGMやラジオなどの音
とても不快に感じるという症状があります。

 

静かな音でも
とても嫌な気分になってしまう人もいるのです。

 

仕事場で音楽がかかっていて
仕事がしづらそうであれば
耳栓を許可する等の配慮が必要になります。

 

 

視聴覚過敏

少しの光でもとてもまぶしく感じてしまいます。
必要であればサングラスを使う、
デスクの配置を変えるなどの
工夫があると良いでしょう。

 

 

感覚過敏

人に触れられたりするのを

不快に感じます。

 

握手など、身体に触れる行為を
無理強いすることは避けます。

 

 

嗅覚過敏

匂いにとても弱い人がいます。
マスクを許可したり、
脱臭器を使うと良いかもしれません。

 

 

疲れに気づかない人

感覚が鈍感になっていて

自分の疲れや要求に気づけない人には
周りの人が「少し休んでね」
声をかけることも必要です。

 

 

次のページでは発達障害の人が会社で問題を
起こした時の対処方法についてお話します。
正しい対処法と支援で
本人も自立していくことができます!

 

 

会社で問題を起こしたときは?に進む

 

発達障害のサポート一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

周囲の人の協力と理解が大切!
家族が発達障害をもっている、職場に発達障害の人がいる。そんな時周りの人がしてあげられることは何でしょうか?このページでは周りの人が本人にしてあげられる最大の支援についてお話していきます。
発達障害の人へ上手に「指示」をする方法
発達障害の方は複雑な指示を理解する事を困難に感じます。会社に発達障害の方がいてうまく伝わらなかったというケースも多く見られます。このページではどのように指示すれば上手に伝わるかをまとめてみました。
発達障害の人向けの職場作りはこうすると働きやすい!
会社に発達障害の人がいるのですが、どのように良い環境を作ればよいのでしょうか?という質問に答えます。このページでは発達障害の人がよりよい環境で集中して仕事ができるような職場の作り方についてお話します。
発達障害の人の会社内で起きたトラブルへの対処方法
本人には悪気がないつもりでも会社内で問題が発生するということがあります。問題行動が起きたときの対処方法を知っておく事でいざというときに慌てずに対処することができます。
発達障害の人に注意をするときのポイント
なにかミスをした時、どうやって注意すれば伝わるのか知っておくと安心です。発達障害の人の特性を配慮しながら注意することで効果的に指導をすることができます。このページでは正しい指導の方法についてお話します。
発達障害の人の自殺願望サインを見抜こう!
発達障害の人の多くはその「生きにくさ」から死にたいと考えた事が一回はあるといいます。その「自殺願望」のサインに周りの人がいちはやく気づき、救ってあげられるようにこのページをかきました。