会社の発達障害の人の為によりよい職場環境を整えたい方へ

今日から出来る働きやすい仕事場作り!

 

 

自閉症スペクトラム、発達障害の特性として
視覚過敏、聴覚過敏などの感覚過敏をもって
いる人もいます。

 

 

ADHDの人は周りからの刺激があると
集中力が途絶え、仕事どころではなくなります。

 

 

ですから、仕事場づくりに工夫が必要になるのです。

 

職場の環境を整える事で、仕事の効率がアップします。

具体的な整え方について説明しますので、参考にしましょう。

 

より良い職場にするために

集中力がアップするように、
職場の環境を整えてみてください。
きっと本人のやる気と効率が
グンとアップするはずです。

 

職場環境を変える時の注意

 

自閉症スペクトラムの特性として
変化に弱い人がいるので
会社内の物の配置を
いきなり変えるのは避けます

 

 

配置変えをするときは
1ヶ月前くらいから伝えておきましょう。

 

 

デスクの横にパーテーションを置く。

社内の物や情報が

目に入りすぎないようにする事で
集中力をアップさせます。

 

物の配置を予めきめておく。

もし物を触った時は必ず定位置に戻すよう、
社内で周知徹底させます。

 

 

写真や絵を活用する

作業する手順や仕事の方法を
写真や絵で、視覚的
分かるようにしておきましょう。

 

 

予定表をはりだしておく

変更が生じたら、すぐに伝える事。

その後の見通しについて
説明する事も必要です。

 

 

机の上に余計な物は置かない

仕事で使う物だけを置いておく

 

職場環境の必要性について

発達障害の「特性感覚過敏」

 

自閉症スペクトラムの「変化を嫌う特性」

 

ADHDの「刺激に弱い、整理整頓が苦手な特性」

 

それぞれに対応した仕事場づくりをします。

 

 

仕事場でなにか予定外の事がおこると
急にパニックをおこしたり、
うつ状態になってしまう場合があります。

 

できれば発達障害の人の周りだけは
あまり配置等は変えないようにしましょう。

 

 

その人の得意な事を活かし
ずっと同じ場所で働き続けることで
能力を十分に発揮することが出来ます。

 

 

次のページでは発達障害特有の
感覚の感じ方への配慮の方法をお話します。
周りの人には何でも無い事が
苦痛だったりするんです!

 

 

職場で出来る発達障害のサポートは?に進む

 

発達障害のサポート一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

周囲の人の協力と理解が大切!
家族が発達障害をもっている、職場に発達障害の人がいる。そんな時周りの人がしてあげられることは何でしょうか?このページでは周りの人が本人にしてあげられる最大の支援についてお話していきます。
発達障害の人へ上手に「指示」をする方法
発達障害の方は複雑な指示を理解する事を困難に感じます。会社に発達障害の方がいてうまく伝わらなかったというケースも多く見られます。このページではどのように指示すれば上手に伝わるかをまとめてみました。
職場で発達障害の人の為に出来る考慮・サポートとは!?
発達障害では無い人にはなんとも感じないような出来事が発達障害の人にとっては本当に気分が悪くなるほど不快に感じたり、苦痛を感じる事があります。それが「感覚過敏」という症状です。
発達障害の人の会社内で起きたトラブルへの対処方法
本人には悪気がないつもりでも会社内で問題が発生するということがあります。問題行動が起きたときの対処方法を知っておく事でいざというときに慌てずに対処することができます。
発達障害の人に注意をするときのポイント
なにかミスをした時、どうやって注意すれば伝わるのか知っておくと安心です。発達障害の人の特性を配慮しながら注意することで効果的に指導をすることができます。このページでは正しい指導の方法についてお話します。
発達障害の人の自殺願望サインを見抜こう!
発達障害の人の多くはその「生きにくさ」から死にたいと考えた事が一回はあるといいます。その「自殺願望」のサインに周りの人がいちはやく気づき、救ってあげられるようにこのページをかきました。