発達障害の人のためにできる支援を知りたい周りの方へ

私も周りの人が助けてくれたから
これまで幸せに生きてこれました。

 

 

発達障害の人にとって周りの人の支えは
本当に大きなものです。
それによって生きにくさが解消されて
楽しい人生を送る事ができます。

 

 

逆に周囲の理解や協力を得られないと
二次障害になやまされてしまったり、
心の病気を発症することがあります。

 

 

周りに発達障害の事を理解してくれる人が
多ければ多いほど、その本人にとっての環境は
よくなります。

 

ここでは、発達障害を持つ人との関わり方について説明します。

周囲の理解と支えによって、本人の悩みが軽減するのです。

 

色々な方向からの支援が必要

やはり家族の人からの支援や協力が

一番必要とされています。
さらに友だちや毎日過ごすことになる
職場での支援も必要になります。

 

 

出来れば周りの人達がそれぞれ連携して
本人を援助できる環境があることが一番です。

 

 

その為に必要なのが、
障害に対しての「理解」です。

 

 

発達障害は病気ではありません。
脳の機能のかたよりによって
生活に困難な時があるのです。

 

 

たしかに周りから見たら
奇妙な言動があったり
不得意な事が多いと感じるかもしれません。

 

 

ですが、それを「個性」としてみることができれば
本人にとって、自分の力を
伸ばしやすい環境になります。

 

 

不得意な事もありますが、
群を抜いて得意な事もあるのです。
その良いところを伸ばしながら
活躍する場所を見つけることが大切です。

 

発達障害について、正しく理解する事が第一歩です。

特性を伸ばせるよう、配慮する事がポイントになります。

 

適度な支援が必要です

 

たしかに支援は必要ですが
何から何まで周りの人が手を焼くと
周りの人も大変ですし、本人のためにはなりません

 

 

支援をしながら本人が自立に向けて
頑張れるように協力する事が必要なのです。

 

 

適度な支援を受ける事で
だんだんと社会に出て、活躍出来る場所を
見つけられる様になっていきます。

 

 

そうなるまで、出来るだけ適切な環境を
周囲が整えてあげる事が出来れば、
本人は幸せを感じられると思います。

 

過度な支援をしてしまうと、配慮が裏目に出てしまいます。

本人が活躍できるよう、環境を整える事が大切なのです。

 

 

次は発達障害の人が周りにいる場合「指示」を
どのようにすれば良いかをお話します。
分かりやすい伝え方があります!

 

 

発達障害の人に上手に指示する方法に進む

 

発達障害のサポート一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

発達障害の人へ上手に「指示」をする方法
発達障害の方は複雑な指示を理解する事を困難に感じます。会社に発達障害の方がいてうまく伝わらなかったというケースも多く見られます。このページではどのように指示すれば上手に伝わるかをまとめてみました。
発達障害の人向けの職場作りはこうすると働きやすい!
会社に発達障害の人がいるのですが、どのように良い環境を作ればよいのでしょうか?という質問に答えます。このページでは発達障害の人がよりよい環境で集中して仕事ができるような職場の作り方についてお話します。
職場で発達障害の人の為に出来る考慮・サポートとは!?
発達障害では無い人にはなんとも感じないような出来事が発達障害の人にとっては本当に気分が悪くなるほど不快に感じたり、苦痛を感じる事があります。それが「感覚過敏」という症状です。
発達障害の人の会社内で起きたトラブルへの対処方法
本人には悪気がないつもりでも会社内で問題が発生するということがあります。問題行動が起きたときの対処方法を知っておく事でいざというときに慌てずに対処することができます。
発達障害の人に注意をするときのポイント
なにかミスをした時、どうやって注意すれば伝わるのか知っておくと安心です。発達障害の人の特性を配慮しながら注意することで効果的に指導をすることができます。このページでは正しい指導の方法についてお話します。
発達障害の人の自殺願望サインを見抜こう!
発達障害の人の多くはその「生きにくさ」から死にたいと考えた事が一回はあるといいます。その「自殺願望」のサインに周りの人がいちはやく気づき、救ってあげられるようにこのページをかきました。