発達障害の人をサポートしたい方へ

発達障害が身近にいるなら

 

 

周囲の理解とサポートがあってこそ、
豊かな人生を送れるのが発達障害です。
とくに社会人にとって、職場の理解は
必要不可欠だといえるでしょう。

 

 

具体的に必要なサポートは、

 

理解

正しい指示

環境の整備

 

です。

 

 

この3つを準備してあげるだけ
発達障害の人は、特性を長所として
仕事に生かすことが出来、

 

 

また周囲の同僚や上司も
戸惑うことなく業務を進める事が出来ます。

 

発達障害の特性を理解しよう

まず知っておきたいことは
「発達障害は病気では無い」ということです。
もちろん、本人の性格によるものでも、
家庭における躾の問題でもありません。

 

 

発達障害には、いくつかの
特徴的ともいえる特性があります。
この特性を、仕事に対する「能力」に
生かしきれるかどうかが、ポイントになります。

 

 

ですから、まずは発達障害の特性を理解
どのように環境を整えるかを
考える事が重要だと言えるのです。

 

指示の出し方で結果が変わる

発達障害の方に指示を出しても

お願いした事と結果が異なってとても困る
という経験を持つ方も多いでしょう。

 

 

それは、指示の出し方が正しくないからです。
発達障害の方の特性として、
「あいまいな表現を理解出来ない」というものがあります。

 

 

具体的にポイントを押さえた指示の出し方で
仕事を任せるとスムーズでしょう。

 

職場の環境作りは、発達障害の特性に合わせて

発達障害の特性の一つに
「感覚過敏」というものがあります。
人それぞれ、眩しさ、音、臭いなど
苦手なものが異なります。

 

それぞれ、苦手なものを周囲が理解し、
それに対する対策を立てていくと
集中して仕事に取り組むことが出来るようになります。

 

もし発達障害の人がミスをしたら

発達障害を持つ人がミスをした時は、
決して怒鳴ったり叱ってはいけません。

 

 

 

 

「どうして出来ないんだ!」
「だから言っただろう!」


 

などの感情的な叱り方は、なんら改善に至りません。

 

指示の出し方と同じで、
具体的に、冷静に注意を促す必要があります。

 

自殺願望が無いか、注意を払おう

発達障害の方は、その殆どが

一度は自殺を考えたことがあると言われます。

 

二次障害でうつ病を発症し、
実際に自傷行為や自殺行為に走る場合もあるのです。

 

自殺願望を抱くと、自殺願望サインが出ますから
周囲の人は、そのサインが出ていないか
気をつける必要があるのです。

 

もし自殺願望サインが見受けられたら
すぐに病院や支援機関に相談する必要があります。

職場の環境を整えて貰えば、能力を開花させることが出来ます!

職場の方が、理解と配慮をしてくれるだけで、
発達障害を持つ人は、ぐっと仕事に集中できます。

 

 

もちろん、甘やかしてほしいというわけではありません。

 

最初は、そのさじ加減が難しいと思うかもしれませんが
コツさえ掴めば、発達障害の持つ長所を
十二分に発揮する事が出来るのです。

 

 

私自身、職場の理解を得られるようになってから
結果を出すことが出来るようになり、
発達障害の特性を「良い方向」へと使う事が
出来るようになりました。

 

 

同僚や上司の反応にびくびくする必要も無くなり
本当に快適な毎日が過ごせています。
どうかあなたの職場にいる、
発達障害の人の特性を、120%生かしてあげてください。

 

 

次のページでは、
発達障害の方のサポート方法として、
周囲の人の協力と理解を得ようというお話をします。
これだけで、かなりサポートが楽になります!

 

 

周りの人の協力を得よう!に進む

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

発達障害のサポート<<家族や周りが援助できること>>記事一覧

私も周りの人が助けてくれたからこれまで幸せに生きてこれました。発達障害の人にとって周りの人の支えは本当に大きなものです。それによって生きにくさが解消されて楽しい人生を送る事ができます。逆に周囲の理解や協力を得られないと二次障害になやまされてしまったり、心の病気を発症することがあります。周りに発達障害の事を理解してくれる人が多ければ多いほど、その本人にとっての環境はよくなります。ここでは、発達障害を...

「具体的に」が合い言葉!発達障害の特性としてあいまいな表現や,複雑なことが理解しづらい、という症状があります。「さっきの事だけど、臨機応変に対応してね」といった抽象的な表現は伝わりません。本人はこの言葉を聞いてもどうして良いのか分からず、パニックになってしいます。そして自分なりに解釈して仕事をすすめ、指示した人の意図と反する結果が帰ってくる可能性があります。社内に発達障害の方がいるという方は、必見...

今日から出来る働きやすい仕事場作り!自閉症スペクトラム、発達障害の特性として視覚過敏、聴覚過敏などの感覚過敏をもっている人もいます。ADHDの人は周りからの刺激があると集中力が途絶え、仕事どころではなくなります。ですから、仕事場づくりに工夫が必要になるのです。職場の環境を整える事で、仕事の効率がアップします。具体的な整え方について説明しますので、参考にしましょう。職場の環境を整える事で、仕事の効率...

気遣いで仕事のしやすさがアップします!発達障害の特性で「感覚過敏」という症状があります。それらの症状を理解してもらえる環境であることが望ましいです。決して「甘やかす」わけではありません。こうした配慮をしてもらうことで本人も自分の力を発揮しやすくなるのです。ここでは、発達障害の特性である感覚過敏について説明します。職場の配慮一つで、本人は仕事がし易くなるのです。ここでは、発達障害の特性である感覚過敏...

してはいけない行動もあるんです!発達障害の方が、パニックに陥った場面に遭遇したことはありますか?予定外の事が起きるとパニックになったり、何か自分の思ったと通りに出来ない事があると叫んでしまうことがあります。あらかじめ対処方法を知っておくだけでも後ほど何か起きた際に焦らずに対処する事が出来るでしょう。発達障害の特性が、強く出た時の対処法をご紹介します。事前に把握しておけば、冷静に対処できるでしょう。...

普通に注意するだけでは伝わりません!人に注意する事は、難しいですよね。自分では勇気づけたくて言った一言が相手にとっては傷つく一言だったというケースも。発達障害の人は特に抽象的な言葉などを理解しづらい特性をもっているので注意の仕方に工夫が必要です。ここでは、発達障害の人に注意する際の注意点をお話しします。少しの配慮で、気持ちを正確に伝えましょう。ここでは、発達障害の人に注意する際の注意点をお話ししま...

変化があったら要注意!発達障害の人が「死」を考えた回数はどれだけ多い事でしょう。実際に自傷行為をして自分を傷つけたり、実際に自殺してしまったというケースもあります。それらを防ぐためには本人の変化やサインに気づく事が大切です。最も避けたいのが、発達障害の方の自傷、自殺行為です。ここでは、その予防策についてお話しします。最も避けたいのが、発達障害の方の自傷、自殺行為です。ここでは、その予防策についてお...