沢山の仕事を頼まれるとパニックになる発達障害の方へ

自分が出来る事からコツコツと!

 

 

「○○さんこれお願い」
「これもお願い」
「明日までにやり終えてね」


と言われてしまって
パニックになったことはありませんか?

 

 

本来であれば、頼まれた順番通りに
仕事をすれば良いのですが
沢山の仕事を依頼されると

 

 

発達障害の方は困難
感じる事があります。

 

 

そんな時は「今、自分ができること」から
取り組む事をおすすめします。

 

簡単な仕事を優先してはじめる

 

明日までに...等、
締め切りがある時は
とくに気持ちが焦ってしまいがちです。

 

 

そんなときは
以前から先延ばしにしていた事を
片付けてみてください。

 

 

例えば机の上の整理や資料のコピーなど
すぐ簡単に取りかかれるものです。

 

 

このような仕事をしていると
混乱していた頭の中が少し整理されて、
困難に感じている仕事を取り組もう
という気持ちがわいてきます。

 

 

とくに身の回りの整理整頓は役に立ちます。

 

パニックになる事を防止にするには、簡単な仕事に

手をつける事です。冷静になるのでてお勧めです。

 

人に頼むことも時には必要

全ての仕事をこなせるのが理想ですが、

全てを上手く行う事が難しい状況もあります。

 

 

自分では難しすぎると感じたときは、
人の助けを求めることが必要な場合もあります。

 

 

人に何か頼み事をするときのマナーを
覚えておきましょう。

 

 

「すみませんが...」と声をかけてから頼み事をする

 

具体的に何を頼みたいのか伝える

 

助けてもらったときはお礼をしっかりする

 

周りの人が困っていたら助けることも忘れないようにしましょう

 

人に助けをもとめるときは
「助けてもらえて当たり前!」という態度は避けます。
「助けてもらえると嬉しいです」という
謙虚な態度でお願いするようにします。

 

 

そして協力し合うことでチームワークも
良くなってきますから
周囲の人が助けを必要としていたら
自分から進んで声をかける事も必要です。

 

人に物を頼むときは、謙虚な心と態度を忘れずに。

きっと、みんな笑顔で対応してくれるはずです。

 

次のページでは発達障害に対する
周囲の人の理解と協力のお話です。
周りの人の助けがあれば幸せに
生きていく事ができます!

 

 

発達障害のサポート方法に進む

 

大人の発達障害の仕事術一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

特性にあった仕事を探す方法
お仕事を探す事は発達障害の人にとてとても大変なことです。このページでは発達障害の方向けの「自分にあった職業の探し方」についてお話します。私もこの方法で自分にあった仕事を探し、長続きしています。
発達障害の場合、支援センターなどを利用して仕事の相談をしよう
なかなか就職活動が上手く行かない、仕事の事について悩みがあるけどどこにも相談出来ない...そんなときは「支援センター」を利用する事を選択肢に入れてみてください。このページでは支援機関について説明します。
発達障害の大人はデイケアを上手に活用しよう!
発達障害が発覚して一旦お仕事をお休みした方や二次障害がでて仕事をお休みした方は仕事復帰のことについて悩んでいらっしゃると思います。障害のこともあって自信を喪失してしまったという方に読んでいただきたい「デイケア」のお話です。
発達障害の方の就労支援はジョブコーチで決まり!
新しい仕事を始めたいけどちゃんと仕事場に馴染めるか不安...もしくは在職中だけど仕事が上手くいってないという発達障害の方におすすめしたいのが「ジョブコーチの派遣」です。このページではジョブコーチについてお話します。
発達障害の大人が就職で上手くいく方法
就職するときの面接、緊張しますよね。発達障害の特性などを配慮しながら就職活動を成功へ導くにはどうすればよいのでしょうか?このページでは面接官の人に好かれる身だしなみなどについてお話します。
発達障害の大人でも就職先でうまく働けるようにする極意
あなたは会社のルールをしっかり守っていますか?会社は他の人と一日過ごす場所です。お互いに気持ちよく仕事をこなせるように会社でのマナーやルールを知っておく事が大切です。
会社で必要なルール「報告・連絡・相談」をしっかりしよう!
会社で必要なマナーとして「ホウレンソウ」があります。よく耳にする事も多いと思いますが、自分では出来ているつもりだけど出来ていないと言われる...そんな時がありませんか?
発達傷害にもできる!相手に好印象を与える電話の受け答え方法
会社での電話応対が苦手という方はけっこう多いのではないでしょうか?その会社の第一印象を決めてしまう可能性がある電話ではていねいな応対がもとめられます。このページでは相手に好印象を与える電話応対の方法をお話します。
発達障害でもできる!社会人のマナー・名刺交換のルールまとめ
名刺交換を毎日のように行う仕事、そうでない仕事とありますが名刺交換のマナーを正しく学んでおくだけであなたの印象が大きく違って来ます。このページでは名刺交換の流れやマナーについてお話します。