言われないと動かない人への対処方法を知りたい方へ

周りの指示が必要です!

 

 

発達障害の特性「社会性の障害」によって
人が助けを必要としているのに気づかなかったり
みんなで作業している時に
一緒に作業しないなどの行動をとります。

 

 

それによって周りからは

 

 

「空気が読めない」
「気を使ってほしい」
「協調性に欠けてる」


 

と評価をされてしまいます。

 

よくあるトラブル

@助けを必要としていたり、
忙しくしているときに手伝わない

 

 

A共同作業に関わらない
自分の仕事が終わったら他の事は何もしない

 

 

B言われないと動かない
自分から積極的に仕事を探す気がない、
指示されないと動かない

 

これらのトラブルは特性によるもので
本人に全く悪気はありません

 

 

社会の暗黙のルールである
「自分がの仕事が終わったら他の人の仕事を手伝う」
という事を、理解できないゆえの行動です。

 

対処方法は?

 

 

 

@具体的な指示を出す

 

 

「○○さんの仕事を手伝って」
「△△分くらい、一緒に作業して」


発達障害の人の特性を踏まえ
具体的に何を手伝ってほしいかを伝える

 

 

A仕事が終わったら課題を出す

自分から進んで行動できない事を理解して、

やっている仕事が終わったら
少し休憩を与え、
次の仕事を具体的に指示します

 

 

人の仕事を手伝わなかったり、動かないと
どうしてもイライラしたり、叱ってしまいがちです。

 

 

しかし怒ることは逆効果なのです。
それをやらなければいけないということに
気づいていないので
伝えることが一番の対処法です。

 

 

できれば次の仕事を出す前に
既に終わった仕事に対して評価をしてから
指示を出します。

 

 

本人は「がんばりを認めてもらえたんだ」と感じ、
誇りをもって次の仕事を始める事ができます。

 

 

次のページでは仕事が遅い人への対処方法
についてお話します。
時間の管理が苦手な人が会社にいる方必見!

 

 

仕事の納期が間に合わないに進む

 

発達障害の問題一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

人を不快にさせてしまう
発達障害の特性「想像力の障害」により、こういったら人がどう思うか?などを想像する力に欠けている人もいます。このページでは人に言ってはいけない事を言う発達障害の人に対しての対処法です。
発達障害のトラブル対象法?変化に臨機応変に対応できない編?
発達障害の特性「想像力の障害」により、考えを柔軟に変えたりする事が苦手な人がいます。このページでは変化に対してパニックになってしまう発達障害の人に対しての対処法をお話します。
発達障害のトラブル対処法〜気がやすい人、ミスする人編〜
自分では頑張っているつもりでも集中力が続かず、ミスをしたり仕事中に居眠りをしてしまったりというケースがADHDの方にみられます。こんなとき周りの人ができるサポートの方法をお話します。
発達障害のトラブル対処法〜社交辞令が通じない編〜
「ことばの裏をよめない」発達障害の人が周りにいる場合、周囲の人はどうサポートできるでしょうか?このページではよくあるトラブルと効果的な対処方法についてまとめてみました。
発達障害のトラブル対処法〜仕事の納期が間に合わない〜
発達障害の方は特性によってこだわりが強く、なかなか仕事が思うように進まないことがあります。そんな方に納期を守ってもらう方法や、効率よく仕事を終わらせる方法を伝えることが大切です。
発達障害のトラブル対処法?すぐカッとなる人編?
ADHD、自閉症スペクトラムの人の特性「衝動性」によって待つ事が出来ない、すぐカッとなるなどの行動によって周りとトラブルになるケースがあります。こういった人達にどのような対処が出来るかをお話します。
発達障害のトラブル対処法?おわびの言葉を言えない人編?
「素直にお礼や謝罪ができない」発達障害の人がいる場合周囲の人はどうサポートしてあげればよいのでしょうか?このページでは良くあるパターンとそれに対してどのような対処方法ができるかについてまとめてみました。