集中力がもたず、失敗をする発達障害の人への対処方法を知りたい方へ

大きなミスになる前に
サポートしましょう!

 

 

発達障害の人つADHDの症状として
集中力が長く続かない、というものがあります。

 

 

原因は様々ですが、周りの刺激が強すぎて
自分がしなければいけないことに
集中できない場合や、仕事が難しすぎたり
興味がないものだと集中が途切れてしまうというものも。

 

 

集中力が続かないことによって
様々な問題が出て来ます。
特に仕事場などで困る事が多いので
周りのサポートも必要です。

 

よくあるトラブル

@仕事中にも関わらず眠ってしまう
打ち合わせ、会議の最中に居眠りをする

 

 

A言われた事を忘れる
頼まれた事をしている最中に、
ほかの事に意識が向いてしまうと、頼まれた事を忘れる

 

 

B他の事を考えてミスをしてしまう
仕事中にも関わらず気が散ってしまい
自分の興味のあることを考えたりする。
そしてミスをしてしまう

 

 

本人に悪気はなく、
怠けているというわけではありません。
ADHDの、集中力が続かないという特性によるものです。

 

どう対応したらいいの?

@睡眠不足にならないように心がける
これは本人が努力することですが、
周りの人も声をかけて、
しっかり生活リズムを整えるように促してみてください。

 

必要であれば、会議や打ち合わせの前に
眠りを防ぐカフェイン入りの飲み物をオススメします。

 

 

 

Aメモを取らせる
指示された事を忘れる人はメモを「必ず」
とってもらいましょう。

出来れば、チェックをつけるなどの工夫を促します。

 

 

B自分自身の癖に気づかせる
何かしている途中なのに
他の事を考えてミスをするのを止めさせるには、
本人に、その事を自覚させる必要があります。

 

考え事をしているなと感じたら、声をかけてみましょう。
他の事を考えていることに、気付かせてあげるのです。

 

 

次のページでは言葉をそのままの意味で
受け取る人への対処方法をお話します。
社交辞令は通用しない!

 

 

社交辞令が通じない場合は?に進む

 

発達障害の問題一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

人を不快にさせてしまう
発達障害の特性「想像力の障害」により、こういったら人がどう思うか?などを想像する力に欠けている人もいます。このページでは人に言ってはいけない事を言う発達障害の人に対しての対処法です。
発達障害のトラブル対象法?変化に臨機応変に対応できない編?
発達障害の特性「想像力の障害」により、考えを柔軟に変えたりする事が苦手な人がいます。このページでは変化に対してパニックになってしまう発達障害の人に対しての対処法をお話します。
発達障害のトラブル対処法〜社交辞令が通じない編〜
「ことばの裏をよめない」発達障害の人が周りにいる場合、周囲の人はどうサポートできるでしょうか?このページではよくあるトラブルと効果的な対処方法についてまとめてみました。
発達障害のトラブル対処法〜共同作業に参加しない人編〜
発達障害の特性「社会性の障害」「想像力の障害」によって人が助けを必要としている時に動かなかったり、共同作業に参加できない人がいます。こういった人達にどのような対処が出来るかをお話します。
発達障害のトラブル対処法〜仕事の納期が間に合わない〜
発達障害の方は特性によってこだわりが強く、なかなか仕事が思うように進まないことがあります。そんな方に納期を守ってもらう方法や、効率よく仕事を終わらせる方法を伝えることが大切です。
発達障害のトラブル対処法?すぐカッとなる人編?
ADHD、自閉症スペクトラムの人の特性「衝動性」によって待つ事が出来ない、すぐカッとなるなどの行動によって周りとトラブルになるケースがあります。こういった人達にどのような対処が出来るかをお話します。
発達障害のトラブル対処法?おわびの言葉を言えない人編?
「素直にお礼や謝罪ができない」発達障害の人がいる場合周囲の人はどうサポートしてあげればよいのでしょうか?このページでは良くあるパターンとそれに対してどのような対処方法ができるかについてまとめてみました。