少しの事で怒ってしまう短気な人への対処方法を知りたい方へ

自分でコントロールできるように
周りの人が誘導してみてください!

 

あまり考えずに物事を判断し

結論を出してしまう人や
すぐにカッとしてしまうような「衝動的」
行動をしてしまうのは

 

 

ADHDや自閉症スペクトラムの特徴によるものです。

 

 

それによってさまざまなトラブルになり、
自分では気をつけていても
同じ事を繰り返してしまうことがあります。

 

感情や衝動が優先してしまいがちな、発達障害。

周囲の接し方について、詳しくまとめていきます。

 

よくあるトラブル

@あまり考えずに物事の結論を出す

 

なにか問題が起こった時
すぐに答えを出してしまい、
最終的に失敗に終わることがある

 

 

 

A喧嘩になりやすい

 

カッとしてとんでもない事を言ってしまい、
周りとトラブルになることがある

 

 

 

B行列に並べない

 

長い時間並ぶ事に耐えられない。

 

 

衝動的な行動はこれだけではありません。

 

 

例えば、雨が降って来て不快だなと感じた時、
すぐにイライラして
「雨なんて振らなければいいのに!」
一人で言い続ける等の行動もみられます。

 

 

他には車の運転で
イライラしてしまう人もいます。

 

すぐに感情的になりやすい、という特徴を持ち合わせます。

コントロール出来るように努めましょう。

 

どのように対応できるか

この衝動性への対応方法は
自分で自分の気持ちをコントロールする事が一番です。

 

 

 

@重要な事はしっかり考える

大事な事なのにあまり考えず、

すぐ答えを出してしまう事で失敗してしまいます。

 

すぐに答えを出したい気持ちを抑え
問題を翌日まで持ち越す事で
衝動的な結果を出す事を抑えることができます。

 

 

 

 

A気持ちをコントロールする方法をみつける

自分に合ったリラックス方法は

人によって違うと思います。

 

イライラしたときに気持ち
をリセット出来る方法を
みつけてください。

 

 

 

 

B行列をさけるように行動する

テーマパークなど長時間並ぶ所は

しかたがないかもしれませんが、

 

日常のランチの行列などは
時間を調節して並ばなくてもすむようにするなど
対策が必要です。

 

 

 

次のページでは感謝に気持ちを伝えられない
人への対処法についてお話します。
周りから孤立する前に手助けを!

 

 

お詫びの言葉を言えない問題に進む

 

発達障害の問題一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

人を不快にさせてしまう
発達障害の特性「想像力の障害」により、こういったら人がどう思うか?などを想像する力に欠けている人もいます。このページでは人に言ってはいけない事を言う発達障害の人に対しての対処法です。
発達障害のトラブル対象法?変化に臨機応変に対応できない編?
発達障害の特性「想像力の障害」により、考えを柔軟に変えたりする事が苦手な人がいます。このページでは変化に対してパニックになってしまう発達障害の人に対しての対処法をお話します。
発達障害のトラブル対処法〜気がやすい人、ミスする人編〜
自分では頑張っているつもりでも集中力が続かず、ミスをしたり仕事中に居眠りをしてしまったりというケースがADHDの方にみられます。こんなとき周りの人ができるサポートの方法をお話します。
発達障害のトラブル対処法〜社交辞令が通じない編〜
「ことばの裏をよめない」発達障害の人が周りにいる場合、周囲の人はどうサポートできるでしょうか?このページではよくあるトラブルと効果的な対処方法についてまとめてみました。
発達障害のトラブル対処法〜共同作業に参加しない人編〜
発達障害の特性「社会性の障害」「想像力の障害」によって人が助けを必要としている時に動かなかったり、共同作業に参加できない人がいます。こういった人達にどのような対処が出来るかをお話します。
発達障害のトラブル対処法〜仕事の納期が間に合わない〜
発達障害の方は特性によってこだわりが強く、なかなか仕事が思うように進まないことがあります。そんな方に納期を守ってもらう方法や、効率よく仕事を終わらせる方法を伝えることが大切です。
発達障害のトラブル対処法?おわびの言葉を言えない人編?
「素直にお礼や謝罪ができない」発達障害の人がいる場合周囲の人はどうサポートしてあげればよいのでしょうか?このページでは良くあるパターンとそれに対してどのような対処方法ができるかについてまとめてみました。