発達障害のトラブルを回避したい方へ

発達障害が原因で起きるトラブルを回避する方法

 

 

発達障害を持つ人の周囲には、
トラブルが多く見られます。

 

 

その原因は、

 

社会性の障害

コミュニケーションの障害

想像力の障害

 

である事が、現在までに分かっています。

 

 

これら原因が分かっている事に関しては
事前の対処で、トラブルを回避する事も出来るのです。

 

ストレートにものを言ってしまい、トラブルになります。

相手の気持ちを想像する事が

とても苦手な発達障害の方にとって
多く見られる悩みの一つです。

 

 

ストレートにものを言ってしまうという特性は、
「こんなことは、
言ってはいけないのだ」
本人に気付いてもらう事が必須です。

 

 

その為には、周囲のサポートが欠かせません

 

 

変化に対応できず、仕事のミスも多いです

急な変化や予定の変更は、

発達障害の方にとって、
最も混乱させる原因となります。

 

 

もし予定が変更になると分かった場合、
周囲の配慮で乗り切る事が出来るでしょう。

 

 

仕事のミスも、本人の努力というよりは
環境を工夫する事で解決する事が出来るのです。

 

 

空気を読んでくれないので、トラブルになりがちです

発達障害の方は、言われた事を

ストレートに受け止めます。

 

 

ですから、お世辞や皮肉は通用しません。
それどころか、トラブルの元になりますので
今日から辞めましょう。

 

 

空気を読む事自体を苦手としますので、
周囲が忙しくても手伝わない、
ちょっとしたことでイライラするなど
困った行動だと捉えられることも
しばしばです。

 

 

空気を読む事を望むのではなく、
具体的に相手に伝えるという作業が
最も効率の良い解決法となります。

 

 

次のページでは、
発達障害の人が良く起こすトラブルの
人を不愉快にさせるというお話をします。
これ、私も昔はよくやってしまっていました(恥)

 

 

人を不愉快にさせるトラブルに進む

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

発達障害の問題<<トラブルを対処するには>>記事一覧

こんなときは周りのアドバイスが必要です!発達障害の特性により、人が嫌がる事を悪気がなく言ってしまう人がいます。原因は想像力に欠けているため、周りの人がどう思うか?というのを想像できないのです。そんな人に周りの人はどう対応したらいいのか見てみましょう。ポイントは「言われた側が感情的にならない」!嫌な事を言われるとカチンとくると思いますがここは気持ちをおおらかに冷静に対処していきましょう。発達障害のう...

周りの人の落ち着いた対応が必要です!周りの人がサポートする事で本人の気持ちにも余裕がでてきます。ここでは、よくある事例の対処法をご紹介します。日常生活のあらゆる場面を想定してください。ここでは、よくある事例の対処法をご紹介します。日常生活のあらゆる場面を想定してください。よくあるトラブル@優先順位がバラバラになってしまうひとつの事に取り組んでいる途中に他のことを頼まれたら優先順位が分からなくなり手...

大きなミスになる前にサポートしましょう!発達障害の人つADHDの症状として集中力が長く続かない、というものがあります。原因は様々ですが、周りの刺激が強すぎて自分がしなければいけないことに集中できない場合や、仕事が難しすぎたり興味がないものだと集中が途切れてしまうというものも。集中力が続かないことによって様々な問題が出て来ます。特に仕事場などで困る事が多いので周りのサポートも必要です。よくあるトラブ...

暗黙のルールは分かるように伝える事が大切です。発達障害の特性で「想像力の障害」と、「コミュニケーション能力の障害」があります。相手が怒ってるか、喜んでいるか?言われた言葉が本音なのか、社交辞令で言われただけなのかに気づく事が出来ます。しかし発達障害の人は上に書いた特性によりそれらを気づく事が難しいと感じています。コミュニケーションにおける、暗黙のルールが通じず、トラブルが起きた時の対処法をご紹介し...

周りの指示が必要です!発達障害の特性「社会性の障害」によって人が助けを必要としているのに気づかなかったりみんなで作業している時に一緒に作業しないなどの行動をとります。それによって周りからは「空気が読めない」「気を使ってほしい」「協調性に欠けてる」と評価をされてしまいます。よくあるトラブル@助けを必要としていたり、忙しくしているときに手伝わないA共同作業に関わらない自分の仕事が終わったら他の事は何も...

納期の大切さをしっかり伝える!あなたの周りには、段取りよく仕事を終わらせられない人、時間の管理が出来ない人がいませんか?それはもしかすると発達障害の特性が原因かもしれません。強いこだわりによって自分が納得いくまで仕事を先に進められなかったり計画性のなさから、納期を守れないパターンがあります。よく見られるトラブル@時間の管理が苦手先を見通して時間やスケジュールの調節を行う事が苦手で、まわりから「マイ...

自分でコントロールできるように周りの人が誘導してみてください!あまり考えずに物事を判断し結論を出してしまう人やすぐにカッとしてしまうような「衝動的」な行動をしてしまうのはADHDや自閉症スペクトラムの特徴によるものです。それによってさまざまなトラブルになり、自分では気をつけていても同じ事を繰り返してしまうことがあります。感情や衝動が優先してしまいがちな、発達障害。周囲の接し方について、詳しくまとめ...

重要性が理解出来ればお礼を言えるようになります!感謝の気持ちを伝える事、悪い事をしたら謝罪するなどのマナーは対人関係を良好に保つ為には欠かせない事です。しかし発達障害の方は社会性の障害などによりそのようなマナーが自然には身に付きません。これらのマナーが出来ないと周りから孤立してしまう可能性があります。良くあるトラブル@謝ることができない自分が悪い事をした時に謝れなかったり、叱られた時に「私は悪くあ...