【実践編】ADHDでよく物を忘れる方へ

この方法を始めただけで
劇的に忘れ物、ミスが減りました!

 

 

上司から頼まれ事を受けていたのに
他の事をしていたら忘れてしまい、叱られた。

 

 

学校に行く前にお母さんから
頼まれ事をしていたのに、朝食を食べたら忘れていた。
学校から帰って来てから、お母さんに言われて
やってないことに気づいた。

 

 

などのケースがよく見られるのがADHDです。
ちょっとした忘れ物などは困りませんが、
社会にでると重大なミスを犯してしまう
という事になりかねません。

 

ADHDに見られる、うっかりミスの防止法をご紹介します。

忘れ物が驚くほど減る裏ワザだと、高評価です!

 

不注意を防ぐ為の対策

忘れ物やミスなどを防ぐ為には
「メモをとる」事が一番効果があると言われています。
実際に私もこの方法でかなり忘れ物が減り、
職場でもミスが少なくなりました。

 

 

【メモするときのポイント】

 

いつでもメモ帳とペンを持ち歩く

 

聞いたことはすぐ書き留める

 

重要な事だけを まとめて書く。

※話全部をかくと時間がかかり、相手に迷惑がかかってしまうので。

 

例)6/12までに、 2000円→課長

 

ポイント!
・日付を書く
・簡潔に分かりやすく書く

 

会話中、理解出来ない点があれば必ず質問しましょう。

正しく理解し、メモをすることが重要です。

 

他にもこんな対策方法が!

 

上記にあげたように、メモをとっておくことで
前の記憶なども呼び起こせます。

 

 

そして自分がどの点で失敗しやすいのか?
どんな事を忘れやすいのか
客観的にみる事が出来るので、とても便利です。

 

 

他にも、家に一緒に誰か住んでいる場合は
家を出掛けるときに「忘れ物は?」と
一声かけてもらい、確認する環境をつくれると
ダブルチェックできて良いかもしれません。

 

 

もしメモを書くのが苦手だという方は、
携帯電話のメモ機能やボイスレコーダー機能を使って
記録を残すという方法もあります。

 

 

自分に合った方法で
忘れ物やミスをなくす事が大切です。

 

 

 

次のページでは友人関係で気をつける
ポイントをお話します。
あなたの自然体をだすことがコツです!

 

 

大人の発達障害の付き合い方に進む

 

大人の発達障害改善法一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

@社会人のマナーを学ぼう
発達障害の人の特性として「コミュニケーション能力の障害」などがあります。それによって人付き合いでトラブルが起こってしまう事があります。このページではそれを防ぐ為に社会人のマナーについてまとめてみました。
A正しい言葉遣いを身につけよう
相手の立場などを考え、正しい言葉遣いをすることは対人関係で必要なスキルです。このページでは間違えやすい敬語や、尊敬語、謙譲語などの違いをお話します。明日から是非実践してみてください。
B人と会話する時のポイント
人と接するときのマナーって、色々ありますよね。ついつい忘れてしまいがちな人と話をするときのマナーについてお話します。発達障害の特性で距離が掴めない人や、人付き合いが苦手だと感じている方必見です!
C自分自身のアドバイザーを見つけよう
自分の行動は何か間違ってるの?自分では悪気がないのに周りとトラブルになる…という方は相談してアドバイスをもらえるアドバイザーを見つけることで生活していくうえでの適切な行動やルールを身につけることができます。
D気をつけたい身だしなみのポイント
何かにつけ理由をつけて普段の生活から逃げていませんか?このページでは日々を明るく送れるために出来る事をまとめてみました。服装を気にしない人、化粧をしたくない人は必見です!
F友達付き合いについて
人付き合いが苦手、友だちができない、みんなのなかで孤立してる気がする...そんな悩みをもった発達障害の方はとても多いのではないのでしょうか?このページでは人付き合いのコツについてお話します。
G恋愛について
発達障害の特性「相手の立場にたてない」「相手の気持ちを察するのが困難」ということから恋愛をしていてもなかなか上手く行かない事がおおいようです。このページではどのような事に気をつければ良いのかをお話します。
H結婚生活を円満にする秘訣
恋愛も難しいのに結婚なんて...と不安に思っている発達障害の人も少なくないと思います。お互いの事を信頼し、協力し合えるポイントをまとめてみましたので是非今日からでも実践してみてください。
Iお金の管理の仕方
お金の管理はどんな人でもとても難しい事だと思います。発達障害の人にとってがさらに大変な事なのです。特性が原因で金銭トラブルがおきたり、自分自身で使い過ぎてしまったりします。このページでは対策法についてお話します。
J健康管理をしよう
バランスの良い食事を毎日とって、健康にすごせたらいいなと思っている方はとても多いと思います。しかし発達障害の特性「味覚過敏」などで思ったようにバランスよく食事ができない方もいます。このページでは食事方法についてお話します。
K片づけをきちんとしよう
あなたのお家はキレイですか?このページでは整理整頓、片付けや掃除が苦手な方に「お片づけが上手になるポイント」をお話します。さっそく今日から少しずつお家を片付けてみてください!気分が変わりますよ!
Lストレス解消法
発達障害の症状や特性、二次障害などにより日常生活で感じる日々のストレスはとても大きいものです。上手に自分をリラックスさせて、気分よく毎日を過ごせるためのアドバイスをご紹介します。