発達障害かもしれないと感じている20?30代の方へ

大人の相談件数が増えて来ている!

 

最近、発達障害に関するドラマや映画さらに
テレビ特集で発達障害が注目されています。

 

ですから、

「自分の悩みを再現されているみたい」
「自分の特徴と主人公の特徴が似ている」

 


 

と気づき、病院で診断を受ける若い世代の人が
増えてきているようです。

 

 

鬱病などの心の病気と発達障害の違い
なんだと思いますか?

 

 

実は

 

心の病は性格、ストレスなどの原因

発達障害は脳の認知能力が偏っているため障害が起る

 

という違いがあるのです。

 

ここでは今注目されている、発達障害について説明します。

心の病と異なる点など、正しい知識を得ましょう。

 

現在増え続けている相談

大人の発達障害を疑って、病院を訪れる人の悩み相談には
このようなものがあります。

 

集中力、注意力が乏しい

 

友だちがあまりいない

 

異性との交際が苦手

 

仕事につけない

 

職場でひとりぼっちになる

 

結婚生活がうまくいくか不安になる

 

色んな不安から家を出たくなくなった

 

 

実はこれらの悩みは、形は違えど「幼少期」から出始めています
この点も、発達障害の特徴です。

 

 

大人になってから、突然発症するものではない
ということをご理解いただければと思います。

 

発達障害の特徴は、これらの代表的なものが目立ちます。

幼少期から悩みが出ているかという点も、注意しましょう。

 

なんで大人になってから気づくの?

発達障害には色々な種類があり、

なかには知的能力に全く問題がなかったり、
一般の人よりもずばぬけた知能
持っている人もいます。

 

 

その中でも、知的障害をもっているお子さんは
周囲の大人からすぐに気づいてもらえますので
特別学級等に入り、適切な教育を受ける事が出来るでしょう。

 

 

しかし 知的能力に問題が無い子だと
少し変わっている子だなという見方をされることが多く、
障害だとは気づかれにくいという問題があります。

 

 

しかし、成人して社会に出る事で、
日常生活や仕事場での困難が立ちはだかるのです

 

 

社会人として当たり前のルール
理解できていないという特性があります。

 

 

それによって周りから避けられたり、
生きる事がとても難しく感じてしまうようです。
最終的には二次障害などを持ってしまう可能性もあるのです。

 

 

発達障害でありながら障害を抱えているとみなされず、

生き辛い思いをしている大人が存在しているのです。

 

 

次のページではアスペルガー症候群と
自閉症についてお話します。
あなたは「自閉症スペクトラム」という言葉を
聞いた事がありますか?!

 

 

発達障害と自閉症の違いに進む

 

発達障害の特徴一覧に戻る

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

関連ページ

自閉症とアスペルガー症候群の違い
あなたは「自閉症スペクトラム」という言葉を聞いた事がありますか?このページでは自閉症、アスペルガー症候群などの同じ障害の仲間のことについてなるべく簡単にまとめてみました!
発達障害の特徴@「社会性の障害」
空気をよめない、人に共感できない、距離感がつかめない等、そんな症状を持つ人はいませんか?このページでは発達障害にみられる3つの障害の一つ、「社会性の障害」について詳しくお話します。
発達障害の特徴A「コミュニケーションの障害」
会話が成立しづらい、自分では普通に話しているつもりなのに会話が噛み合ないという悩みを抱えている人が少なくありません。これは発達障害の障害のひとつで「コミュニケーションの障害」と呼ばれるものです。
発達障害の特徴B「想像力の障害」について
想像力の障害って何?このページでは発達障害の3つの障害の一つ「想像力の障害」についてまとめました。どんな症状があるの?どんな事で困っているの?そんな疑問にお答えします。
ADHD(注意欠陥多動性障害)はどんな障害?
みなさんはADHD(注意欠陥多動性障害)について知っていますか?このページでは幼少期から持っている特性が大人になっても残りやすいこの障害について詳しくまとめてみました。
自閉症スペクトラムとADHDの関係・違いについて
自閉症スペクトラムとADHD(注意欠陥多動性障害)は異なる障害だといわれています。このページでは二つの障害の違い、関係性、併発しやすい疾患などを分かりやすくお話します。
発達障害にはこんな特徴も「運動障害」「感覚障害」
発達障害の人は感覚がびっくりするほど過敏だったり、逆に鈍感なことがあります。差他にも身体のバランスが悪い、手先が不器用などの「運動障害」を持っている事もあります。