発達障害の特徴を知りたい方へ

発達障害には3つの特徴があります。
社会性、コミュニケーション、想像力の3つです。
このどれかが大きく突出している場合、
発達障害の可能性が高いです。

 

 

社会の生の障害について

これは一言で言うと、

「社会で必要なルールがわからない」
ということです。目上の人に向かって
タメ口で話してしまったり、
よくわからない指図をしてしまったりします。

 

 

また、周りの人に関心がないので、
いつも自分の世界で生活をしてしまいます。
その結果、周りからも徐々に相手にされなくなり、
次第に一人になっていくのです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

コミュニケーションの障害について

コミュニケーションの障害とは一言で言うと、

「相手の言葉を上手く理解できない」ということです。
相手のジョークを真剣に受け止めて、怒ってしまったり、
相手の立場がわからず図々しいお願いをしてしまったりします。

 

 

また、細かい表現がわからないので、
相手からは言葉が上手く伝わらない人だという印象を
受けてしまいます。

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちら

 

想像力の障害について

これは一言で言うと「型にはまった生活しかできない」

ということです。例えば、一度決めたことは毎日守ります。
これは一見するとよさそうに感じるのですが、
頑固な人間という印象を与えてしまいます。

 

 

また、毎日の行動パターンから外れた生活をすると、
パニックになってしまったり、イライラしてしまったり、
感情が乱れてしまいます。
よくわからない行動を繰り返してしまうのこの例です。

その他こんな発達障害の特徴もあります

これ以外にも、視覚や聴覚などの特徴もあります。
明るいところが苦手だったり、大きな騒音が苦手だったりします。
また、ある特定の匂いが嫌いと言う臭覚の特徴や、
人に触られるのが嫌いと言う触覚の特徴もあります。

発達障害はマニュアルに沿って生きることで90%改善します!

こういった特徴を知ると、
人生終わった!と感じるかもしれないのですが、
そんなことはありません。

 

 

確かに視覚や聴覚などの特徴は少し治療が必要なのですが、
コミュニケーションや社会性の特徴は、
マニュアルに沿った生活をすることで、
ある程度は改善をすることができます。

 

 

実際私自身、この生活を始めてから、
本当に人生が楽になりました。
もちろん最初はいろいろと否定されるので、
辛いと思うこともあるかもしれません。
ですが、一度乗り越えてしまうと本当に楽しい人生が待っています。

 

 

発達障害の人にとって、普通の人と同じ生活を送れることって
本当に幸せです。あなたにも是非この体験を味わっていただきたいです。
ですので、あまり落ち込むことなく改善できる道を探してきましょう。

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

発達障害の特徴<<大人と子供で違いはあるの?>>記事一覧

大人の相談件数が増えて来ている!最近、発達障害に関するドラマや映画さらにテレビ特集で発達障害が注目されています。ですから、「自分の悩みを再現されているみたい」「自分の特徴と主人公の特徴が似ている」と気づき、病院で診断を受ける若い世代の人が増えてきているようです。鬱病などの心の病気と発達障害の違いはなんだと思いますか?実は心の病は性格、ストレスなどの原因発達障害は脳の認知能力が偏っているため障害が起...

自閉症とアスペルガー症候群は実は同じ仲間だった!自閉症とアスペルガー症候群は本質的には同じで、それぞれの特性も重なっている事から「自閉症スペクトラム」という障害の仲間として認識されています。自閉症という言葉が出来たのは1943年。それから様々な研究によって今ほど広く世間に知られるようになってきました。ここでは、自閉症スペクトラムに関して分かりやすく説明します。様々な症状によって、区分されているので...

自閉症に一番多く見られる特性です!発達障害の3つの障害の一つに「社会性」の障害があります。社会性の障害の根本には「愛着感情」が薄いという特徴があるようです。幼少の頃、「甘えない」「抱っこをせがまない」「一人でいるのが好き」などの特徴があった子供は決まった人との間に作られる「愛着感情」の障害が原因で社会性が未発達となっているのです。友だちができなくても寂しいと思う事もなくあまり人に関心がないのも特徴...

この症状は発達障害のものだったんですね!前にお話しましたが、自閉症スペクトラムは言語発達能力の高い人から低い人までいます。しかし全ての人に共通している特性があります。それは、他人と意思の疎通を取る事が苦手で、親しい対人関係を築く事が難しい事です。コミュニケーションの障害のまとめ会話がかみあわないなどの、代表的な症状をまとめてみました。言葉を上手く使う事ができない。あいまいな表現が理解できない。慣用...

パニックになって自傷行為を起こす人も…!発達障害の特性「想像力の障害」とは一体どのようなものなのでしょうか?自閉症スペクトラムの人に共通する特性に、「全てきっちり同じ手順や生活パターンでないと気が済まない」というものがあります。「想像力」が少ないので状況を予測する事や、物事の流れを想像する=予測する、という事がとても難しいのです。想像力の障害にはどんなものがあるか日常生活で想像力に障害があるとどん...

症状「不注意」は大人になっても続く?!ADHD(注意欠陥多動性障害)の症状は大人になってからも残りやすいと言われています。ADHDの特性は主に三つに分けられます。「不注意」=注意力が続かない「多動性」=落ち着きがない「衝動性」=衝動が止まらない子供のころ学校にいませんでしたか?授業中に席を立ってしまう、なんでも無い事でカッとなりケンカばかり、先生にいつも叱られるというお友達。このような人は、実は自...

二つの障害が重なることがある!!基本的には自閉症スペクトラムとADHDは異なる障害といわれています。ですが、同じ人が同時に両方の障害をもつ事もあります。簡単に自閉症スペクトラムとADHDの違いをまとめてみました。ここでは、自閉症スペクトラムとADHDの違いを説明します。注意深く、整理していきましょう。ここでは、自閉症スペクトラムとADHDの違いを説明します。注意深く、整理していきましょう。【自閉症...

小さいうちに正しい療法をうけることで回復する可能性が高いです!!発達障害の特性には、これまでお話した以外にも「運動障害」「感覚異常」などがあります。発達障害の、その他の特性についてご紹介します。正しい療法を受ける為にも、特性を把握しておきましょう。発達障害の、その他の特性についてご紹介します。正しい療法を受ける為にも、特性を把握しておきましょう。感覚異常五感などの感覚が他の人にくらべて敏感、または...