発達障害の原因と治療法を知りたい方へ

発達障害かも?!と思ったら、
正しい治療を始めましょう

 

 

発達障害の疑いがある場合は、
治療を受ける事をおすすめします。

 

 

正しい治療を受ける事で、
本人も周囲の人々も
毎日の生活を、今よりもスムーズに
送ることが出来るからです。

 

 

治療を受け、改善させる為に必要なのは、
診断・原因・治療の3ステップです。

 

 

この3つのステップを踏めば、
発達障害の特性を、良い方向に伸ばしたり
辛い症状を軽減させることが出来ます。

 

ここでは、発達障害の疑いがある人が起こすべき行動について

お話しします。なるべく早く、治療を受けましょう!

 

発達障害の診断を受けよう

発達障害という診断名がついてから、

まだ歴史はそれほど長くはありません。

 

どの病院でも、発達障害について
詳しい医師がいるとは限らない
という現状なのです。

 

まずは、良い医師を見つける事が必須です。
そのような医師を見分ける事で
治療がスムーズに進みます。

 

発達障害の検査では、
特別な検査方法を用いたり
一般的な検診を受ける場合もあります。

 

その結果、今の症状に対し診断名が下されるのです。

 

発達障害となる原因を追究しよう

発達障害は、
本人の性格のせいにされたり
保護者のしつけが悪いと、
非難されがちです。

 

発達障害について、
随分と認知が進んだものの
未だ、誤解を受けがちで
苦しむ人々は多いと言われています。

 

 

ですが発達障害は、
脳の一部の機能の問題です。
現在までの研究の結果、
発達障害になる原因も判明してきました。

 

認知の力が不足する事により
様々な特性を持つことが分かっているのです。

 

本人に最も合う治療を受けよう

発達障害は、時として

二次障害を発症する事もあります。
うつ病や強迫神経症などです。

 

 

発達障害そのものは、
投薬で完治させることは出来ません
辛い二次障害を始め、
発達障害に関わる生き辛さを軽減してくれます。

 

 

また薬物療法以外の日記療法などを受ける事で
今後の日常生活上、起こりがちな
トラブルをなるべく回避する事が出来るようになります。

発達障害は、ちょっとした工夫で人生の成功者とにもなれるのです!

「治療を受けても、発達障害は完治しない・・・?」
そう聞くと、何をやってもムダなのだと
諦めてしまいそうになるでしょう。

 

 

ですが、実は発達障害こそ
人生の成功者になる要素を、他の誰よりも持っているのです。

 

 

発達障害の持つ特性を生かし、
マニュアルの通りに長所を伸ばしていけば
たちまち人生は、楽に、充実したものとなります。

 

 

私自身、このマニュアルが無ければ
今頃どんなに味気ない毎日を送っていただろう
と思います。

 

 

ですが、教えられたとおりに生活をするだけで周囲から、
凄いと褒められること、認められる機会
ぐんと増えました。

 

 

以前の私のように、発達障害のせいで苦しんでいる方こそ、
現在の私のように、発達障害のお蔭で成功している!
そう言えるようになってほしいのです。

 

 

まずは、正しい原因を知り、診断を受けたら
改善と成功に向かって前に進んでいきましょう!

 

 

次のページでは、
発達障害の原因は親のしつけ?
というお話をします。
もしかしたらしつけが原因なのでしょうか?

 

 

発達障害の原因は親のしつけ?に進む

【必読】私が発達障害を克服した方法



スポンサードリンク

発達障害の原因ブログTOPに戻る

発達障害の診断・原因・治療方法<<大人と子供で違いは?>>記事一覧

「親の愛情不足が原因」は間違いだった!!実は発達障害が起こるメカニズムはまだ明らかになっていません。しかし脳の部位が、なにかの原因で発達を止めていると分かっています。脳はさまざまな感覚器官から入ってきた大量の情報を、これまでに起こった「記憶」と照らし合わせ、その時の状況に合わせます。私達は、そのような脳の活動の下に行動したり、言葉や文字を引き出します。【認知】というのは情報を脳に入れて、外に出すこ...

環境ホルモンが関係あるって本当!?以前発達障害が起こるプロセスには脳の「認知」が関係あるとお話しました。認知機能になぜかたよりが起きるかの原因もまだ解明されていないのですが、これにもいくつか仮説があるようです。発達障害が発生するのは、どうしてなのでしょうか。ここではその原因について、遺伝子レベルで追求していきます。発達障害が発生するのは、どうしてなのでしょうか。ここではその原因について、遺伝子レベ...

心身症、強迫性障害などを併せもつ事もあるADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害は脳の機能に障害が起こっています。つまり、精神疾患とは別だという考えです。しかし、心の病と似た症状がみられたり、実際に同時発症していることもあります。その際、心の病の療法を行っても心の病の症状は改善しますが発達障害の症状は緩和されません。ここでは心の病「心身症」「強迫性障害」「統合失調症」についてお話します。発達障害...

周りの協力、理解で緩和される!発達障害と二次障害に悩まされている方がとても多くいます。なぜ二次障害が起きてしまうかというと、「発達障害への対応の不足」が考えられています。幼少期から成長するにあたり、障害に対して周りの人の理解、協力が必要になります。しかしその協力や支援を得られないと本人は孤独感や不安を感じ自己否定感が生じます。それによって鬱病、ひきこもりなどの二次障害がおきてしまうのです。防げるは...

信頼出来るお医者さんの条件教えます!発達障害を相談したい時は一体どこに行けば良いのでしょうか?確かに以前は、大人の発達障害について診断、相談を出来るところが、あまりありませんでした。しかしここ最近、大人が対象の精神科で発達障害を受診できる病院が増えているのです。ここでは、良い医師の見つけ方についてお話しします。最良の医師と共に、発達障害に向き合いましょう!ここでは、良い医師の見つけ方についてお話し...

本当に家族と受診して良かった!発達障害を診断してもらうために病院へ…でも精神科は初めてだし、なんだか不安。と感じる方がほとんどだと思います。そんな不安を和らげるために、ぜひご家族と一緒に受診することをお勧めします。ここでは、家族付き添いで受診するメリットを説明します。独りより、家族との受診で、治療が順調に進んでいくのです。ここでは、家族付き添いで受診するメリットを説明します。独りより、家族との受診...

予備知識があれば安心です!発達障害かもしれないと、不安を抱えながらの病院の受診はとても辛いと思います。ですが予め、初診でどのような事を聞かれるか等を知っておけば、少し不安は和らぐでしょう。発達障害の検査ではAQというものが使われます。「自閉症スペクトラム指数」というものです。前にも紹介した事がある「三つ組の障害」でみられる症状を用いた質問票です。他にも世界保健機関やアメリカ精神医学会が作成した検査...

自分の特性を診断してもらうのに役立ちます!16歳以上の「大人の発達障害」の検査に一般的に用いられるのが「WAIS-V」という検査です。ウェクスラー式成人知能検査と呼ぶ事もあります。この検査では日常生活で困難を感じる部分を調べる事ができます。自分自身の特性について、客観的に知る事ができるのが特徴です。WAIS-IIIの「言語性検査」の内容【知能】検査内容は一般的な事についての質問です。これによって一...

私もこの方法で成長できました!人付き合いが苦手、マナーがなってない等と言われてしまいがちな発達障害の人も、この日記療法を行う事で社会性をアップする事が出来ます!発達障害自体は治療法がみつかっておらず、完全に治療するという方法はありません。しかし、日記療法のような適切な療法を行うことによってプラスな面を引き出す事が出来ます。自宅で簡単に取り組める療法をお探しの方、必見です。日記療法の方法について、お...

薬物療法で鬱病の症状が楽になりました!実は発達障害自体を治療する薬はありません。しかし、二次障害などの症状を緩和する為に、薬物療法を用いる事ができます。もしうつ病や統合失調症などに悩んでいる方がいらっしゃったらお薬の利用をお医者さんに相談してみてはいかがでしょうか?発達障害そのものの治療薬は無くても、毎日を楽にしてくれる薬はあります。ここで、薬物療法についてご紹介します。発達障害そのものの治療薬は...

あなたの特性を活かせる場所が絶対ある!発達障害と診断される人の多くは「特性」をもっています。その特性が原因で、日常生活の生活の特定の部分に困難を感じる事があります。病院で診断されるときに、病院によって診察名が変わる事がよくあるのが発達障害です。なぜかというと特性や症状が似ている部分が多々があり、診断名は○○です。と言い切る事が難しいのです。例えば最初にADHDと言われたが他の病院で診察してもらうと...